So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

今年はなにかとはっちゃけたい [ライブ]

サンボマスターライブ、帯広REST。
10年ぶりぐらいのREST、150も売ったらしい。マウント、やはり怖い会社である。
怒髪でも100ぐらいしか入れなかったと思うし、モーサムも80かな~。
しかも、サンボでそれはないわ~。

今日は2マンで、ブルーエンカウントという若い子らが最初。♪DAYBYDAYの子らだった。
ああ、ソニーなんだな。と思って納得。
若い子が案の定暴れて先行き不安、しかもスピーカー近い。
機材転換がなんだかバタバタ、楽器が行ったり来たりして段取り悪し。

やっとサンボマスター。アルバム「YES」のレコ発であったが、うわーっとはっちゃけな感じで、ほとんど覚えていない・・・。
♪できっこない♪ミラクル♪光のロック♪このラブソングはパンクナンバー♪YES♪世界はそれを愛とよぶんだぜ、あたりはぼんやりと覚えてるんだけど・・・。久しぶりに、ヘロヘロになりながら参戦という感じでした。
酸欠はあんまり感じなかったんだけど、覚えていないってことは、私にしては異常だったんだな(笑)
でも、多幸感がすごく残ってて、久しぶりのライブだったし、うれしかったんだ。
相変わらず山口くんの説教MCもぐっときた。ちょいと長め。
天井から水滴がどんどん落ちてきて、熱帯雨林。
べっちゃべちゃでふらふらになりながら帰ってくる。

酸欠はオニオンスタジオの2回目だったミッシェルを越えることはないな。
あのときは、指先が痺れてて、ほんとうに死ぬかと思った夜を思い出した。

サンボはいいね。やっぱり。爆音で。
ぶち壊す感があって、突き放して、孤高に鳴っててほしい。
このバンドは私のなかでは、孤高という位置。

大変、幸せな時間でございました。
あ、でも、♪ラブソングは聞きたかった~。唯一、心残り。


YES (初回限定盤)

YES (初回限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2017/05/10
  • メディア: CD



サンボマスター 究極ベスト

サンボマスター 究極ベスト

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2011/04/06
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ひとり直木賞。 [読書]

ひとり直木賞。

第1位 3月のライオン12巻
ただ、ひたすらに安心して、笑った12巻。あのひとたち、みんなが笑顔でよかった~と心から安堵し、零くんの恋愛を応援して、あかりおねいちゃんが、島田さんと仲よくなるのを願うばかり。そして、一人勝ちな野口くん。

第2位 蜜蜂と遠雷
久しぶりに、本当に終わって欲しくないと願いながら読んだ本。
ピアノコンクール、しかもクラシックという、私には縁がなく、まったく具体的な音(本当の楽曲)が頭の中で鳴らないにも関わらず、私流のピアノが、言葉のイメージだけで再生されて、それがとても心地よく、何層にも折り重なった繊細な世界を漂う気持ちになった。
恩田陸の強さがこんなふうにミステリーやSFでない物語で発揮されたことに、やや驚きながらも、さすがの恩田陸と唸った。
そして、今日、直木賞受賞のニュースに、快哉を叫んだものです。『夜のピクニック』といい、これも、この分野でなら受賞できるということなのか?と思うと、恩田さんのミステリーが好きなので、ややフクザツ。

第3位 代書屋ミクラ すごろく巡礼
読後感がすごくよかった。ほっこり、楽しいゲームでした。ちょっと不思議で、異質なところに警戒感を抱く直前のぎりぎりの部分で踏みとどまり、ドラマ「トリック」を見ているような、安心感で読めました。丹地陽子さんの絵がまた素敵でした。

第4位 戦場のコックたち
戦争モノは極力避けて通るのですが、惹きつけられてしまって手を出した1冊。
頭では異常なことが、日常になり、そこで生き抜く少年たちの命のきらめきを感じました。
何度も泣きながら読みました。

第5位 神の値段
絵画マーケットというもの、芸術というものが、このように商品になっていくのかを知った本。
大晦日の日曜美術館で強く感じた違和感というか、普通に生活してて、美術館で作品を見て、美しい、技術がすごい、好き、嫌いという、「ただの感覚」で見る人はお呼びではないのだな。と思った。
アラタがナビをしてて、普通の人の感覚を言語化してくれる、ハードルを下げてくれたと思ったら、一気に何段階も高い部分からきて、がっかりというか落胆した。そこで、唯一、気を吐いた、片桐さんの勇気を称えます。

昨年は、あまり読めなかったので、今年はもっと読みたいです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ひとりレコ大 [音楽]

あけましておめでとうございます。
昨年のライブをふり返る、ひとりレコ大でございます。

第1位
8月、エゾのサンボマスター。
素晴らしい、全曲アンコールライブ。何度も何度も泣きながら。

第2位
8月、ハイエイタス、ワンマン。
久しぶりにウエノコウジのしっぽが跳ねてて、うれしかった。

第3位
10月、真心ブラザーズグレートアドベンチャー全曲ライブ。
スタンダードが素敵すぎて・・・。秀俊に抱かれたいと思った。
サクちゃんのPPAPも笑い転げて、お腹が破けました。

あとは、やはり、昨年はライジングが全体的に20代を懐かしみ、歩いてきた自分を褒めましょう。気分で、妙にしみじみしてしまった。
みんな、いい塩梅に年齢を重ねて、深く、広く、柔らかな音楽で包んでくれました。好きな歌を口ずさむ、身体を揺らす喜びを全身で感じた2日間でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

3月のライオン [日記]

3月のライオン 第12巻、とっても良かった。重い話が続いていたのでこのほんわかはいい!
いいよ、一砂さん、とってもいいよスミス。素敵だよスミス。
零ちゃんの野口先輩押しが微笑ましかった。
あかりおねいちゃんと島田さんがいい。

そして、アニメ。最初のバンプからもう、素晴らしい。
この救済の物語がアニメとして動くとき、この人たちの声が寄り添ってて良かった。
スミス、いいよ。素敵だよ。
零ちゃんの瞳は緑なんだね。
晴信ぼっちゃまキター。

3月のライオンは好きなマンガだけれど、とても苦しい。
胸がしめつけられるような痛みに我慢できない。
だけれど、この人らの闘いを見届けなければ、さらに苦しくてじたばたするのだろう。
ああ、いい物語が進行している。同じ時代にこれがあってよかった。と思う。


3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)

3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)

  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2016/09/29
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宴会部長、さすがでした。 [RSR]

エゾ2日目
今年から導入した、アルミシートのおかげなのか、あまりの疲れのせいか、ぐっすり眠れた。
朝風呂、フェアリーが取れずに初めての場所。きれいな館内でぬるめの温度。さっぱりできてよかった。

なんか食べたい。お腹すいてるし、昨日は立て込んでてあんま食べてない。
朝イチなのに、がっつり食べたい。もう、いいんじゃないかと、なるとカレーとビールで満足する。少し寝る。

和楽器バンドからスタート。かっこいいじゃないか。寝起きでぼーっとしながら眺める。

水曜日のカンパネラ、すごい人。それを掻き分けて、ボヘミアンまで歩く、ヒックスヴィルのリハに間に合う。ひゃ~、お懐かしいお姿で感動してしまう。小暮さんはいつものように、にこにこしてて、中森さんが見事な白髪になってて、なのに、トラッドでかわいらしいお洋服。真城さんも痩せたなぁ。そして、鹿島さんがここで弾いてる。あー、みなさんお元気で楽しそう。♪こんな晴れた日には、のような爽やかな夏の日、青空のしたでこの人たちの音楽に揺れてることが本当にうれしい。♪バイバイブルースも素敵だった。すきな歌ばかり。

ふんわりいい気分でコレクターズ、♪ミリオンを叩きつけてご挨拶。んー、ステキ。コータローさんのキレッキレなギターと王様の貫録すらある加藤さん。♪たよれる男 ♪世界を止めてを聴いて満足。抜けてスカパラに行く。

久しぶりのスカパラ。最近のエゾでは、ほかのバンドとかぶってしまって会えていなかったでうれしい。歌ものメドレー、自前で歌い上げます。♪カナリアをナーゴさん、新鮮だけど、こうしてしまうと改めてチバの声の特異性が目立つな。ナーゴさん王子系だからやさぐれ成分がないんだよね。でも、スカパラはやっぱ突き抜けて痛快だと思った。おなかすいたと思うが、ピロウズは前で見たい。から、歩く。

the pillows、ちょっとお休みしていたので、こちらも久しぶり。ベースが変わってからは初めてかな。
♪アドバイスからスタート、ちょっと意外。だけど、ああー、これこれ!こういうのがピロウズ。気持ちいいい。身体が喜んでる。楽しい、うれしい、きゃーって、湧き立つような時間。シンちゃんが次の日、誕生日だからしゃべる。シンちゃんの銀髪もいい感じで素敵だなぁ・・・。♪ファニバニ、♪フール、♪サードアイ、ふふって笑っちゃうようないい流れ。今日の♪ハイブリットは、切なさではなく希望の明るい歌だった。貫録のというか、余裕で転がされた感じ。なんか悔しい、ギリギリの刹那、ふらふらになるようなのをこの人たちとはしたいのに。でも、久しぶりに気持ちよくて、うれしかった。やっぱ、ワンマンでね。

あー、さすがに疲れた。日差しも強かったし、おなかすいた。ここで日差しが落ちてきて、テントに戻って防寒対策して、遠くに聞こえる松山千春。非常食のどんぐりのパンを食べて、せっちゃんに行く。今回のエゾは、珍しく忙しい。でも、マニッシュは行かなくちゃ。♪マニッシュのテーマに間に合う。きゃーせっちゃんかっこいい~。たっちゃん、今日もどんどこ気持ちいい。跳ねるなぁ。夕闇のなか、かっこいい。そしたら、スカパラが乱入してきて、さすがせっちゃん、スカパラとBL妄想までしてるとは。それが、スカパラメンバーの人柄をどんぴしゃで表していて大爆笑。で、最後には沖さんと結婚する気らしいです。

夜の食事タイムに入っちゃったので、ごはんは列になってる。わかばコーヒーで甘くてあたたかい飲み物を入れて、宴会部長のとこへ。去年は民生の50歳記念。今年は66年生まれのみんなの大お誕生会。
夜ヒット方式で次の人の曲を歌うボーカリストたちが新鮮。でも、何を歌っても自分のものにしちゃう人たち、圧巻。しかも、濃いボーカリストばっか。どの曲もかっこいい~、昭和歌謡曲のカバー大会、しかも後ろも50歳。
特筆すべきは、伊藤ふみおとスガシカオの♪リンダリンダ、素晴らしい。渡辺美里がせっちゃんにくっつきすぎ。みんなして、せっちゃん好きなんだから・・・。そして何より、全員が楽しそうにしているのが良かった。何時間でも見ていられるな~。しかもみんな同級生って・・・。恐るべし丙午集団。しかも、みんな歌うたい。すごい。

興奮さめやらぬ夜更け、だいぶ風が出てきた。ゲスの極み乙女は前に行く。見たかった、会いたかった。絵音くんのことはどうでもいいから。今日は、最初から攻撃的な絵音くん。♪キラーボールで一気に上がる。いいぞ、やれやれ。♪パラレル ♪私以外 ♪ロマンス、いいねぇ、痛快で気持ちいい。ここで落とされた新曲。いこかさんと濃密な絡みでドキドキする。他の3人がとても前に出てて、ちゃんまりの激しい動きにちょっと驚く。吹っ切るような3人に引っ張られる感じで絵音くんも飛ばす、ゲスの極み乙女というバンドのポテンシャルの高さとむき出しを見た。いいライブだった。

あー、疲れた。おなかもすいた。でも、休みたい。キャラバン見たいけど、もう辺境まで行けない。少し寝る。

はっ、と起きて、愛猫家トシローさんとこ。ラスボスはブラフマン。中川さんお招きしての♪満月の夕、ここで聴けるなんて・・・。力あるなぁ、この曲。そして、どんどんブラフマン色にしてく。もうひとつうれしかったのは、ブッチャーズの♪散文とブルース、ああ、いい歌なんだよな~。昨日チャコちゃん見たからなおさら感慨深い。
そして、渾身の「おはようございます」素晴らしかったです。

今回のエゾは、図らずも20代のはじめに好きなったバンドが多くて、20年近く前に出会った人たちが同じように楽器を持ってステージの上にいて、あの頃の曲が聴けたり、すごく楽しかった。彼らも私も長いこと歩いてきた、と思ったし、ここでまた笑顔で会えて、確認できて良かった。青春懐かしライブでした。
123456.jpg









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

20歳のころに戻されるラインナップ [RSR]

エゾ1日目
今年は札幌駅で何も食べずにバス乗り場まで行く。
列は長かったが、さほど待つこともなく、運よく座れた。

テントサイトの引き替え、ゆうパック受け取り、テント設営もサクサクできて準備完了。
なんか食べたい。と思い、タージマハルを探しに行く。
今年はレッドの奥にあった。焼き立てのナンとビールにかぶりつく。

もう、すでに暑い。今年は、仕事ばかりしていたので、直射日光に慣れてなくて生命の危機を感じる。
インディゴからスタート、と思って、スタンバイしていたら、軽く熱中症になったようで、フラフラしてしまう。
水分補給をしながら、後ろで座って見る。
何年経っても、この日は楽しみなあまり緊張して浮かれているらしい。
数日前からちょいと風邪気味でもあったので、うーん、大丈夫か私と思いながら・・・。

インディゴの絵音くんは、こういう感じなんだな、と思った。
今日も高音が出にくいようで、苦しいな。でも、音は6月の青空のような曲が多くて眩しい。
絵音くん、ナンバガ好きだったのか・・・。
うーん、絵音くんの声なのだが、ゲスのような爽快感が薄い、泡立つような跳ねるようなわくわくがこない。

風が時折通ってきて、たいぶラクになる。
塩分なのか・・・と思い、ラコスバーガー。久しぶりに食べたがおいしい。お腹すいてたのか・・・。

ベイビーメタル。すんごい踊ってた。後ろで弾いてる人たちもすごかった。
お客さんも楽しそう。だけど、私には難しかった。怖い。

ベースボールベアー。おお、チャコちゃんが弾いている。しかも、♪透明少女!!!

夕方になってきて、体調が戻ってくる。
八代亜紀が赤いドレスで♪石狩挽歌を歌っていたらしい。

日が落ちて、コッコちゃん。本当に久しぶり。♪焼け野が原の最初の1音から、ぞくぞくする。
夜の闇に溶けていくような、伸びる声、♪強く儚い ♪樹海 ♪音速パンチ、どの曲も美しい声がそのままで自然と涙が出てきた。こんなにも衰えないものなのか・・・と震える。しかし、しゃべればいつものあっちゃんで、周囲にいた若者たちがざわついていた。そうなんだよ、こういう人なんだよ。でも、昔よりだいぶ伝えようとする気持ちがあるトークであった。でもやっぱ俺様ぶりは健在。

余韻が心地いいまま、エレカシ。夜のはじまりの闇夜とレッドスターのライトがきれい。
ミヤジの耳のことがあり少しお休みしていたので、こちらも久しぶりのライブ。最初の一声からミヤジの声がすっきりと伸びていてゾクゾクしちゃう。キャー。♪俺たちの明日 ♪悲しみの果て ♪友だちがいるのさ 今日のエレカシはずいぶんと優しく、生きろと背中を押す。白いシャツのミヤジがきらきらしてて、うれしくなる。
しかし、そこはエレカシ、♪ガストでがつん!といく。楽しかった~。

電気も見たいが急いでトライセラに。遠い~。しかも、けっこうぎゅうぎゅうで入れない。
サイドから眺めることにする。ああ、唱くんの甘い声と心地いいギター、変わんないね~。
ひゃ~、♪ラズベリーって、きゃーきゃーで踊る。そしたら、バインの田中くんも来て、ホントに懐かしくて、ぶわーっと20歳に戻される。

感傷にひたりながら、お腹すいたと思いながら、サンボに行かないと・・・。ぐんぐん歩く。
♪ミラクルからスタート、なんてこと、最初から全開でくたくたなのに、反応しちゃう。踊る踊る。
なんなの、なんなの、この攻撃的なセットリストというような爆撃でもみくちゃ。
いつものように求めてくる山口くん、トリだと思っていたらキャンパーズがあるからアンコールしちゃだめだって言われたから全曲アンコールということらしい。伝説作りましょうよ!って、煽りと自虐と悟り。
お客さんの気持ちがぐんぐんと高まっていくのがわかる。音と一緒に熱が昇って行く。
今日の♪ラブソングも切なくて、崇高でいつ聴いても、いままで歩いてきたなかで落としたもの、失ったものを、守りたかったのに壊したものを、すべての後悔の痛みが襲う。落としたくて、壊したくて・・・したんじゃない。そうなったんじゃない。というきりきりした気持ちになる。
そんな涙を音速で乾かすように、叩きつけられる曲たち。♪可能性 ♪そのぬくもりに用がある、もう、どうにでもしてや。うわー。すごい。
加速して、♪できっこない ♪世界はそれを愛とよぶんだぜ、絶叫と狂乱の宴。
伝説つくっちゃったな。というライブ。久しぶりにサンボのライブを見せつけられた。

ひゃー、ふらふらだ。でも、真心行かなくちゃ。
歩いて、歩いて、辺境の地まで行く。
今日はフォークな真心。ああ、そうか今年は松山千春がいるから裏テーマはフォークか。
キャンパーズのせいか、セッティングものんびり。時間過ぎてもやってて、エゾでは珍しい。
♪荒川土手 ♪喜劇王 安心する。こういう真心もすき。秀くんが変な服なのは良しとしてやるか。ヨーチはすごくいいのに・・・なんか変な服。
今回はゲストを呼んでの弾き語り。まずは仲よしさんのトータス松本と一緒。楽しそう。
トータスは去年も来てたけど、ウルフルズで出たいよね。なんだか、ゲストばかりだ。
コムアイ見たい人ばかりでコムアイ終了で人が抜けていく。だいぶ寒くなって来てて、私も帰ろうかな~な気分。コムアイの♪ファイトは彼女らしい歌い方。うー、寒い。でも、ハナレグミみたい。
ぶるぶる震えながら、9ミリのボーカルの子のRCカバー、9ミリのバンド名言えない秀くん。
おお、アンコール。みんなで♪空にまいあがれ。これが、今日の最後に聴けて幸せ。

にまにましながら、寒さに震える。わかばコーヒーであったかいものと思ったのに、今年は終わるの早い。
テントに戻って、バタンキュー。
音が渦を巻いてて、ふわふわしているが、疲れた~。




nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

エゾ [RSR]

荷物送った。
ここに来て暑い、防寒あんま気にしなくていいか。
台風早く抜けて・・・。

仕事場では、「お、来週ですね~」と何人かに言われる。
17年目になればそうなるか。
今年は「八代亜紀見る?」ってよく聞かれる。

行くまでにいくつか片づけることがある。

コウジくんの素敵さに今日もふわふわしている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いいバンドに入れてもらったねぇ~ [ライブ]

今日は、久しぶりにコウジくん。
朝からウキウキしていたら、浮かれついでに腰が痛い。もうれつに痛い。
立っていられないことに愕然とする。寝ても痛いとは・・・・。
取りあえず仕事が休みで良かったが、なんとするか。

爆弾抱えたままハコに行く。うーん、前に行きたいけど・・・。うしろからでも、あの人見えるかな。

ハイエイタス。
不埒な理由。コウジくんを見るためだけに行く。
相変わらずなウエノコウジ。ああ、そうだ。湿度の高い場所で髪の毛があんな風になるんだった。
顔ばっかり見てる。懐かしくて、うれしくて、どうにかなりそう。

ハイエイタスの曲も疾走する感じのものが多くて気持ちがいい。ピアノが入ってるのが、さらに好き。
東京事変にいた伊澤くんだし。堀江くんのときも素敵でしたけど、伊澤くんのはもっとトリッキー寄り。
細美くんは、あんまわからないけど、真面目な子なんだと思う。繊細な子なんだな~。
こういう子とコウジくんが組むとは思わなかったけど、今までで一番、コウジくんが楽しそうなのでよし。
ドラムの音とベースが合う。いいリズム隊だと思う。
何年か前、エゾで見たときは、コウジくんはまだ借りてきた猫というか、まぁ、弾いてます。だったけど、
今日はメンバーだった。

ミッシェル以外のコウジくんは、どんな場所でベース弾いてても、なんか「お客さん」で、どこでも所在
なさげな感じがして、行くのつらかった。今日は、うねるようなベースラインと後半はきちんとお客を見据
えて弾いててすごく素敵だった。
懐かしい感じがして、くらくらした。

汗だくのライブ、久しぶりに気持ちのいい時間。
最後、ジャケット脱いでたし。あまりの細さと白さにお客さんがわざめいていた(笑)
あんだけ、昔、ハゲるかも・・・っておびえてたのに大丈夫じゃん。

同じハコで、同じ立ち位置にウエノコウジが立ってる奇跡になんだか、泣けた。

ああ、すごく久しぶりにいいもの見た。会いたい人に会えて聴けてよかった。
これで乗り切れる。

アンコール2回目、なんだか紙ふぶきが舞っていたが、あれは、どうだろう・・・。
あの湿度のべちゃべちゃななかで掃除するのは大変であろう。
そういうお約束?前はなかったと思うが、新しいお客さん?それはやめてあげて。
せっかくいい時間だったんだから・・・。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

明日 [音楽]

久しぶりにコウジくんに会える。
うれしい
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

わーい。 [RSR]

今年はようやくエゾで真心ナイト。
どんなことになるのやら、楽しみ、楽しみ。
日曜日は増子兄の69ナイトだし・・・。
タイムスケジュールが厳しい予感。

ヒックスヴィルーーーーー。待ってました!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バンプ [音楽]

SONGS、バンプの完全版
息ができないほどの切なさと苦しさで、胸が詰まる。

この人たちとは16年のつきあいになるが、いつも側で助けてもらっていた。
孤独に震える夜、余裕がなくて生き抜く力が足りない朝。
優しく包み込み、前に進む、歩く勇気をもらってきた。

彼らの音楽が私を生かしてくれた。

そして、たくさんの喜びを楽しさを笑顔をくれた。

最近、ライブはご無沙汰でしたが、そろそろ会いにいこうと思う。
大人になった私らだからこそ、会ってわかることもあるのだと思う。

そうだった。ライブでこそ藤くんは一番大事なことを話す人だった。
ちゃんと自分の言葉で語りかけてくれるからこそ、信じていける人たちだった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エゾ [RSR]

さーて、今年もエゾのメンツが出てきました。
エレカシ、スカパラコレクターズ、サンボマスター、トライセラあたりは確実に行きたい。
岡村ちゃん、スガシカオパフィーできーちゃん。行けるかな?という感じ。

たぶん、今年も大丈夫。楽しめる人たちがたくさんいる。
一緒に踊りたい人たちがたくさんいる。

おじさまたちが夜中に鳴らしてんのに、いかずにおれるか。

という、心意気。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゲスの極み乙女 2日目 [ライブ]

昨日、あんだけネタにしてたゲスに行く。

案外と良い番号だったので、ずいずい前へ。
柵あるから大丈夫かな~と思ってたら、お客さんが若いから、ぐいぐいなやつ。
痛いな~と思いつつ、柵をくぐって進んで行った。

こちらもレコ発。バンドはいい調子みたいなのだが、絵音くんの高音が出にくいね~。
ちょっと気の毒な苦しさ。
でも、好きなアルバムなので、生音はいいな。
ふらふら泳ぐように、音に任せる。

いいライブだったけど、なんか乗り切れないなぁ・・・。
客入れの時に2段階で整理番号を確認したり、ずっと手拍子をしている人、前ブロック小学生
どーでもいい絵音くんの雑談MC。しかも金の話ばかり。
しゃべんないでやればいいのに。
ずっとしゃべっている後ろの客、女子2人組。

ライブはよかったけど、周辺の雑音に馴染めなくて、なんかがっかりした。
マウント仕切りはなんか苦手だ。気持ちよくライブを楽しめないな。

うーん、ゲスも潮時かな~。
ライブで聴きたい人たちなんだけどな~。

昨日がライブとして完璧で良すぎる怒髪天だっただけにもやもやした。
ミッシェルとかバンプみたく、しゃべらないライブに慣れてるせいなのか、くだらない話で間延びするぐらいなら短く直球で来てほしい。

いこかさんとちゃんまりの二人に支えられてることに気付いて欲しいな。
次のワンマンが試金石か。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

怒髪天 初日 [ライブ]

怒髪天のライブですごーく久しぶりにベッシーに行く。
びっしりのお客さん。そしてレコ発。
お馴染みのプロレス入場。最初から飛ばす、飛ばす。
でも、案外とお客さんはいつも通りな感じで、歴戦の人たちみたいで混乱はない。
みんな立ち位置が決まったら、そこで跳ねるという素晴らしい観方。

はぁー、怒髪成分が足りなかったんだな~、心地いいなぁ。

ゼップでは、ゲスの極みのライブなので、もちろん今日のネタはこればかり。
増子兄の流れるようなトークに大爆笑。
緩急、新旧とりそろえたセットリスト。

レコ発なんて、けっこうやってるハズなのに、すごいテンション高い。
お客さんもだけれど、怒髪天のみなさんもハイになってて、おもしろい。
増子&シミさん、少し離れた距離感で王子、そこを上から包む阪さんってな感じ。

数年前の殺伐とした泣きそうな綱渡りの空気が、ふんわりしてきた気がする。
あの頃も好きだったのだけれど、札幌では、お祭りもしたし、武道館もした余裕というか、
みんな笑顔でどかーんって遊ぶ感じですごくいいライブだった。
どのお客さんもいい顔でにこにこしててよかった~。
50本プラス1の旅がんばってね~。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

あ、焼いてた [甘いもの]

チーズケーキを焼きました。
ふっくら、上手にできました♪
013.JPG
012.JPG
きれいな焼き色でうふふ。
ゲスの極みを聴かせていたので、軽やかでこっくり。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新年度 [音楽]

新年度がスタートしましたが、忙しさは相変わらずです。
なんだか、ぐったり。

来週は、怒髪天とゲスの極みライブ!
がんばるぞ。

エゾ、取れた。

コウジくんに会いたい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

 [日記]

静かな夜。
雪が音を吸収していく。

バンプの新譜をぐるぐる聴いている。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ひとりレコ大 [音楽]

今年のベストライブですが、5月のゲスの極み乙女。これは、最初から♪猟奇的な彼女でスタートして、このバンドの度胸の良さというか、勢いに乗る、時流を逃さない鋭さを感じた。それと、照明の美しさと魅せ方を知ってる人たちだな・・・と思った。そしたら、あれよあれよと遠くまで行ってしまったよ。

10月の真心ブラザーズ。キングオブロック全曲順番ライブ。ライブで聴くの初めてじゃないか?という曲も含めてなんだかすごく感動した。そして、ふたりともナイキの靴で・・・。もー仲よしさん。今年は2回もライブがあってよかった。

そして、ライジングでは、佐野元春バンドのかっこよさ。フカヌーが変わらずの姿で演奏していたこと。久しぶりのサニーデイ、こみあげてきた。最初だったのに、歌えるし。あとは、とんでもなく素敵なお姿であったコレクターズ。なにより、堀江くんのマーチンが素敵でございました。知世ちゃんのロマンスあとのやりきった笑顔。でも、一番グッときたのは、パトレイバーかもしれない。

今年は、ライブ案外少なかった。最近、ピロウズに行ってないからだ。

来年も懐かしくてキラキラし続けているバンドのライブに行けるといいな。と思います。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ゲス、いいね。 [音楽]

今日のSONGSはゲスの極み乙女。
こないだのスマスマもそうだったけど、今日もお召し物はタキシード

絵音くんのボーカルが少し弱いのが気になるけど。
ゲズ極っていうナレーションも気になるけど。
あまりに、NHKらしくまとめる方向性も気になるけど。

そういう雑音にまみれていくのが、売れるということなんだろう・・・と思いました。
誰もがそれぞれの思う見たい部分をちゃんと演じていくことなんだろう・・・と思いました。
そういう意味では、せっちゃんのスタンスは大変に素晴らしいと思いました。

しかし、今の私には、音楽が不足しているので、どんなカタチであれうれしかった。

ああー、どかんと大きい音で聴きたい。
ライブに行きたい。




nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

9月 終わる。 [日記]

ああーーーーーー、9月が終わる。
早かったなぁ・・・9月。
怒髪のライブもあったのに、すぐ、すり減っちゃったよ。
すんごい、厳しい月だったなぁ・・・。
いろいろと。

またひとつ年齢を重ねる。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なるとカレーとぱんじゅう。 [RSR]

明け方、どこかのテントの豪快なイビキに起こされる。あー、蹴りいれたい。同宿者はがまんしてんの?と、思っていると風呂の時間、雨が叩きつけるように降ってくる。去年も風呂の時間に雨だったな。と思いながら。風呂。
風呂に入って、リセットする。

戻ってきて、朝食はナンとビール
わーい、焼き立てだ!おいしい、おいしい。うれしい。

中学生の吹奏楽がリハでいい音を鳴らしているような感じだったのだけれど、テントでごろごろしてしまった。
なんか、薄曇りでエンジンがかからない。眠いなあ・・・。
スクービーからスタート、ボヘミアンまで歩く。なんか食べたいなぁ・・・と思いながら。途中、miwaを聞くともなしに横目で見る。男の子たちが、溢れるようにはしゃいでた。テレビとおんなじ声だった。

スクービーのリハに間に合う。♪ライドオンタイムやって、リハさえも楽しませてくれる。
ポツポツと雨のなかで、ここにもボヘミアン好きがいたよ。森っぽいから?僻地だから?いつも、誰でもここのステージでは、すごい時間をくれるので、なんかすごいとこ。
スクービーでふわふわしてた気分が、しゃっきりと覚醒する。楽しい、うきゃーと踊る。
「ライジングのお客さんは、知らない曲でも、知ったふうに踊って、楽しんでくれるから信用している」「一番後ろまでが最前列」というような、熱いトークをしてて、なんだかうれしい。私も、毎年来ているのは、そういう音楽を全身で楽しむお客さんの雰囲気と幸せなハプニングを楽しめる場所だからだと思う。

このまま、良恵ちゃんを見たかったけど、怒髪天のレッドに行く。

怒髪天。兄は顔が赤い、酔ってんな~、なんとなくゆるく、ほんわかな雰囲気。フラカンの武道館、スクービーの野音の応援演出も多く、いつものような殺伐とした空気ではなく、お祭り感漂うステージ。でも、楽しかったからいいか。全然フレッシュじゃない♪夏の扉。すごく短く感じたステージでした。でも、なんか満足。

お腹すいた~。なるとでカレーをがっつり食べて、おやつにぱんじゅうを買い。サンステ。

レキシ&二階堂和美。
二階堂和美さん、知らなくてどんな人だろう・・・と思ってたら、なんとまぁ。すごい。
歌もそうだけど、その芸達者ぶり、レキシに劣ることなく、ぐいぐい来る。いちいち、モノマネが微妙に似てる。
イケちゃんを上手に従え、やりたい放題に目が離せない。
レッドスターカフェで堀江くんがやる時間になるのに、動けない。
なんか、すごいもの見た。

テントで少し眠る。起きたら、安全地帯がすごいことになってたらしい。

パフューム。前回は見れなかったので、初めて。
テレビと同じように展開していくんだな~、しかもすごい喋るのね。びっくり。

グループ魂。いつものように、キレッキレなカオルさん。魂の諸君は渋い浴衣で素敵です。
笑って、飛んで、弾ける。

民生の部屋。なにやんの?と思ってたら、パフューム、松崎しげる、トータスを招いて一緒に歌うコーナー。パフュームの生歌、いいのか。できるのか、声が低めでびっくり、民生に合わせたから?いろいろと暴露してく民生。けっこう、すごいことばかり言う。

だいぶ疲れた。コトンと落ちる。

最後はテンフィ。ローソンでコーヒーを購入。遠くに見る。
ちゃんと見るの初めてだけど、好きな感じでおもしろかった。薄曇りではあったが、どんどん明けていく。

KIMG0040.JPG
KIMG0046.JPG
今年も楽しく、うれしく堪能しました。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

わーい!ナン [RSR]

今年は札幌駅にてクロワッサンとアイスコーヒーからスタート。
シャトルバスの列が例年に比べて短っっ、ちょうどよく座れる。

サクサク進んで、会場に入ると、イングラムがお出迎え!!!!!
一気にテンションあがる。わー、特車2課の人も白のツナギでにこにこしてる。
水曜どうでしょう。のステッカーが貼ってあったり、ピーポくんを載せてたりして微笑ましい。
でも、案外と頭部というか、コックピットが小さい?野明は乗れるのか?とか、しばし、見上げながら懐かしい気分になる。

いつも通りにテントを建てて、さぁ、なんか食べようとごはん屋さんめぐり。
テント近くにタージマハルがあって、ナン食べ放題・・・の予感。
隣のピザ屋も気になる。いつもよりごはん屋が少ない・・・ような気がする。
でも、最初はビールとナンを頂く。おいしい♪

天気がよくなってきて暑い。
今年は椅子を持ち歩かない。ちゃんとスタンディングゾーンで見る。

さて、最初はサニーディ・サービスからスタート。
いきなり、♪恋におちたら、懐かしい曲ばかりで、ふんわり心地がよくなる。
♪白い恋人に♪青春狂走曲、♪サマー・ソルジャーって、どんだけタイムスリップ
歌えるなぁ、私と、思いながら、エゾが始まったことを実感する。
うれしい気持ちになる。

最後のPE’Zを見たかったけど、ボヘミアンまで歩く歩く。
堀江くんのラウンジボヘミアン。高桑もいるし、知世ちゃんもくるし。
最近の堀江くんの銀髪が見たかったので前に行く。
リハーサルの時から、ほんわりしてて、しかも堀江くんのピアノ何段にもなってて、すごいことになっている。
そのなかに音でない鍵盤があるのか?スタッフの人が、微妙に動揺の表情になっている。堀江くんも腕をさすりながら「こわい こわい」って言ってるふう。でも、ステージ上からスマホで写真を撮ってたりするから大丈夫かな。今日の王子は、マーチンのブーツを足首まででしめて、黒のパンツに白いシャツ。左手だけ袖のボタンがはずれてます。珍しい・・・なと思う。

なんやかやで、定時にスタート。
夕暮れのボヘミアンで高桑の場合は座りはお約束なの?今回もお客さん座ったまま・・・。
戸惑う人もいるけど、みんな座ってふんわり。高桑が「ゆるくていいですね~」とジラフと2役になる。
今日の王子は、ピアノとお歌。やっぱり、堀江くんの歌声すき、ジラフでは、にこにこしながら。
知世ちゃんは♪ロマンスをバンドでがつんっと。やりきった感が素敵。
高桑が「堀江くん、連れてきてありがとう」と言うと、「俺じゃないよ、みんなが呼んでくれたんだよ」って・・・。
さらりと王子全開。
終わったら、待っていたかのように雨が降る。

ハナレグミを聞きつつ、雨から逃げる。

今日は佐野元春でフカヌーに会いにいく。
ちょうど、リハごろに到着、年配のお客さんが多い。高桑が「準備できた人ー」って聞いてて、みんな「はーい」って素直に手挙げて答える。フカヌーの前まで行こう、と、ずいずい入っていく。
いきなり、セッションがはじまる。ああ、フカヌーが弾いてる。変わらない立ち姿、うつむいて、たまにちょっぴりにっこりする。
佐野元春登場。存在感がすごい、しかも、最初からどんどんお客さんのテンションがあがってく。
わぁ・・・これは、かっこいいわ。赤いステージに素晴らしい絵が掛けられているかのような、壮大なことになってんだろうな・・・。遠い絵も見たいと思わせる。絶対的な引力に引っ張られていく。フカヌーとのツインボーカルのようなコーラスに、声にクラクラする。佐野元春の姿勢をブラすことなく、溶け込んで、かき回して、新しいものを産み出すようなステージ。一緒に歌える曲があるのっていいね。なんか、すごいもん見た、立ち会った・・という衝撃を受けたライブ。

ふらふらとしながら、急いで大移動。イングラムが闇に溶けて、すごくいい。

コレクターズ。ああ、戻ってきた。今夜の加藤さんもぎょっとするような素敵なお召し物。好きな曲ばっかり、踊る、踊る。ちいさい場所なので、汗だく。泡立つ心に、伸びやかな声とざくざくするようなギターが刺さる。んー、これこれ。とご機嫌になる。

the day。今日の蔦谷くんもトリッキーでよい。すっかり、夜中に聞く音楽になってしまったね。

フライデーナイトセッション。今年は、スクービーがホストで、ホーンを入れてソウルでファンキーな感じ。ああ、腰が動いてしまう。スクービーももちろん素敵なおもてなしぶりであったのだが、ぜんぶまるごとイケちゃんに持ってかれている。何をしてもレキシ。水を得た魚のような泳ぎっぷりに、笑いながら、目が離せない。

エゾ、初期の応援団長が増子さんとスカパラだとすると、ここ数年は、レキシとコヤマシュウの二人に上手に引き継がれていったように思う。この奇跡の大晦日を愛して転がしてく人たち。
お腹空いてるような気がするけど、さすがに疲れた。バタンキュー。
おお、今年は2時にプロボが音を止めたぞ!!

0814.jpg










nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

なんか、もう・・・ [日記]

つい数日前には、すごい暑さだったのに、今日は曇りでもあったのだけれど夜は涼しい・・・というか寒い。
やはり、今年もお盆過ぎは寒いのかしらん。
エゾの荷物を郵便局に頼みに行ったら、「晴れるといいですねぇ」と窓口の方に言われる。
そうですねぇ。ほんと。
今年は、昨年の反省を踏まえて、防寒対策もした。そして、珍しく行く準備をしている。ここ数年は、毎年、当日の朝に着替えとかもろもろを詰めて、忘れ物が多い。まぁ、お金さえ持っていればなんとかなるんだけど・・・。

昨日、コウジくんとコータローさんがMステに・・・。
テレビつけたらちょうど間に合う
しかし、あまり映らない・・・むぅ~。

母が、RSRに夏木マリが来るので、それだけは見たい気がする。と言う。
しかし、私はパフュームから魂に行くつもりだ。スカパラと魂が・・・、まるかぶり。

今年も元気に楽しんできます。




nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エゾ、いいな♪ [音楽]

エゾー、続々と決定。
今年は堀江くんが楽しみ~。私好みのラインナップでございます。
テントも新しくしたし、仕事がんばろー。

ただ、残念なのは、ゲスの極みのライブの日が仕事・・・、休めない日だった。
大きなハコなのにがっかり・・・。しょぼーん。
でも、8月、9月はライブが多いので、仕事がんばれ。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書日記 [読書]

ちがうところで読書日記としてアマゾンを利用していたのが廃止になった。
備忘的に役立っていたのだが・・・。
5月20日 81冊目

キャロリング

キャロリング




神さまたちの遊ぶ庭

神さまたちの遊ぶ庭

  • 作者: 宮下 奈都
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2015/01/16
  • メディア: 単行本



シロガラス 3 ただいま稽古中

シロガラス 3 ただいま稽古中

  • 作者: 佐藤 多佳子
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 2014/11/21
  • メディア: 単行本



人魚と金魚鉢 (ミステリ・フロンティア)

人魚と金魚鉢 (ミステリ・フロンティア)

  • 作者: 市井 豊
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2015/02/27
  • メディア: 単行本



タイムライダーズ 1: Time Riders (児童単行本)

タイムライダーズ 1: Time Riders (児童単行本)

  • 作者: アレックス スカロウ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2014/10/08
  • メディア: 単行本



タイムライダーズ 2: Time Riders (児童単行本)

タイムライダーズ 2: Time Riders (児童単行本)

  • 作者: アレックス スカロウ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2014/10/08
  • メディア: 単行本



晦日の月 六尺文治捕物控

晦日の月 六尺文治捕物控

  • 作者: 中島 要
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2012/04/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



怪談を書く怪談 (幽ブックス)

怪談を書く怪談 (幽ブックス)

  • 作者: 加門七海
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2013/12/20
  • メディア: 単行本



紙つなげ!  彼らが本の紙を造っている

紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている

  • 作者: 佐々 涼子
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2014/06/20
  • メディア: 単行本


注目は、「紙つなげ!彼らが本の紙を造っている」、東日本大震災で被災した日本製紙の復活の記録。
涙なしには読めないものでした。著者の佐々涼子さんの切り取り方も素晴らしいのだと思う。
この方の「エンジェルフライト」も泣きながら読んだのだった。
ノンフィクション作品は、淡々と事実を綴るさじ加減が重要で、感傷的すぎてもいけないし、レポートでもいけない。この方の温度は非常に好みで、ぐっとくる。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

にゃは~ってなる [ライブ]

ゲスの極み乙女のツアー初日に参戦。
今回はみんな白い衣装、絵音くんの見える位置で彼だけ見る。
ああ、いい流れのライブだな~。
構成もそうだけれど、ここのチームは本当に照明の具合と空間づくりが素敵。

絵音くんは、いつもよりギター外して歌う曲が多い、なのに、サポートギターを入れていないというのは、他の音を信頼しているからなんだろうか・・・。メロディラインとしてピアノがあるからいいという判断か・・・。
案外、もう1本ギターあるといいような気もするけど。

今回のキラキラポイントは、絵音くんが右手でマイク持ちながら大きく抱えるように歌いだす仕草。
ちょっ、ちょっ、やばい感じ。
なんだろな~、この人の立ち姿。目離せない。

初日、おもしろかったけど、少々、あっさりでしたな。
両日行けばよかったな~。

でも、チャージできたので、よしとしましょう。






ロマンスがありあまる(初回限定ゲスなトランプ盤)

ロマンスがありあまる(初回限定ゲスなトランプ盤)




私以外私じゃないの(初回限定ゲスなレジャー盤)(ゲスくん以外ゲスじゃないレジャーシート付き)

私以外私じゃないの(初回限定ゲスなレジャー盤)(ゲスくん以外ゲスじゃないレジャーシート付き)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2015/04/22
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヨーチさんの凄さ [音楽]

♪サマーヌードを他人が歌うたびにヨーチさんの凄さが迫ってくる。
あんなに、軽やかに緩やかに奏でる人たちはいないのだな。
この歌は力強く高らかに歌う必要なないのである。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小豆を炊く [甘いもの]

お豆さんを頂いたので、初めて、小豆を炊いてみました。
思ったより、かさが増すことにびっくり。
結構な量ができてしまった・・・。
でも、ふっくらおいしくできました。
つぶが敗れることなくぷりぷりしているので、ケーキに大量投入。
しかし、余ってるな~。
こんなには食べられないな・・・。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おおっ、久しぶりにびっくりした。 [甘いもの]

今日は、チーズケーキを焼きました。
空けてびっくり、こんなに膨らみました。
030.jpg
考え事をしながら作っていたせいか、いつも以上にまぜまぜしていたせいかな?
手間をかけるとそうなんだな~。
でも、すぐにシューって縮みまして、いい焼き色でおいしそうです。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

でも、ふたり組という感じなんだな~。 [音楽]

真心ブラザーズのライブでした。
17:30スタートって・・・。なんかすごい焦った~。比較的いい番号だったのに、ギリギリに入る。
大人ばっかりな感じのお客さん。仕方ないのですが、前にスペースがあるのに、進路妨害はやめてください。
真ん中がぽっかり空いています。すいませんが、入ります。

ヨーチは黒のジャケットに白いシャツ、グレーのパンツ。靴は見えない。
秀俊は赤いストライプのシャツにカーディガン、パンツはあれ?カーディガンの印象強く忘れる。
カーディガンで出てきたとき、周囲のお客さんがざわめく。
そして、ヨーチから「カーディガンって・・・」って何度も言われる。
「そりゃ、俺だってジェケッツ着たいですよ~」って、ぐちぐち言う。
「じゃあ、着ればいいよ、もっておいでよ」
「いや。・・・・持ってきてないです」

久しぶりに秀俊の短いスッキリしたヘアスタイル
私、これが一番お好みです。
なんか、久しぶりに秀俊キラキラしすぎで、眩しいっす。
ああ、だめだ、今日は秀俊に首ったけ、目線が外せない。ロックオンで堪能。

♪サティスファクションからスタートなのですが、あれ、なんかおとなしい?お客さん?
慣れてしまっているのか、静かに鑑賞という雰囲気。
このごろの真心ライブそうなんだよな~。
奥ゆかしい感じで、少しものたりない。

でも、新しいアルバムのキラキラっぷりが、ステキでした。
バンド編成なのですが、なんかふたりが強い~、ヨーチが後半までずっとギターだから?
ほんわり、ふわふわ楽しく進みます。

後半パートがぐわーっと楽しい気分に溢れます。
ぴょんぴょん、みんなもぴょんぴょん、ここで猫脱いだ?
いい流れで、後半から終盤戦に行きます。
♪情熱と衝動からのセトリが素晴らしい。
♪流れ星!!!!わーい
♪エンドレスサマーヌード、わーいわーい。
♪拝啓ジョンレノンで本編締め

札幌ではいつものように、アンコール2回。
アンコールでは、ヨーチが革ジャンで登場。キングっぷり。
最後は、ヨーチが「アコギ持ってきて!!!」って叫んで2曲してくれた。

今回も、ヨーチによる秀俊ネガティブキャンペーン続行中。ねちねちといぢめる。
この人たち、相変わらず微笑ましいわ。

伊藤くんは安定感のドラム。むちゃブリのヨーチからのソロにも対応。
はるくんはグレートマエカワばりのベース弾きですね。なんか、ヨーチのこと好きすぎなのか?
なんか、化け物の予感するベースである。

とみに進化しているヨーチさん、中から低音の伸びが自分でもうっとりするぐらいすごいらしい。
ホントだ、ボブディランを2曲やってくれたが、痺れた。

今回は、秀俊の素敵な感じにずっときゅんきゅんしてしまい。
にや~と見ていた。
かっこよかった~。
これで、寒い冬も後半乗り切れるよ。

いろんなキラキラがいい具合にミックスされて、気持ちいいライブでした。


Do Sing(初回限定盤)(DVD付)

Do Sing(初回限定盤)(DVD付)




nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の30件 | -