So-net無料ブログ作成
検索選択

久しぶりじゃないか。 [ライブ]

the pillows ペーニーレーン24
ホームという感じで安心する。久しぶりのワンマン。Peeちゃん側。

久しぶりのクマさん。お元気そうですね。いつもよりアッサリなサウンドチェック
レコ発なので、新しいアルバムの曲中心。今日は♪MY FOOTが、グッときてしまい、泣く。
ああ、ちょっとすり減っていたんだな。

久しぶりに近くでじっくりとPeeちゃんを堪能。何時間でも見ていたい。耽溺していたい。
本当にスーッと気持ちよく青い世界に潜っていく。海の底、音のない場所で鳴らしているような、手を伸ばせば触れられそうなのに薄い膜のなかにいるようなギタリスト。うかつには触れられない孤高な人。
静かに青い焔で燃えてる。

今日は珍しくギタートラブルで音が出ない。
クマさん、アッサリだったからだよ!!!(笑)
ちょこんとしゃがんで、自ら調整するお姿がキュートでした。
さわおが余計にしゃべってて、♪ハイブリッドを弾いたり、結構しつこく弾いたり、してて、調整が終了したのにまだなんかやりたがりになってて、でも、Peeちゃんは流れを止めちゃったから曲に行きたい雰囲気でうずうずしてて、構ってほしいさわお。それに、うっすら微笑んでお応えになる。そんな余裕の紳士っぷりにくらくらする。
そのあとも、今日は何かとシッポを振るさわお。わさおに会ったからか?なんか、さわお人恋しい感じで少々心配になる。
そいで、Peeちゃんは珍しくおしゃべり多め。ステキでした。

サポートベースの有江さんが、PEEさんって呼んでいて、実際そうなんだけど、そういう呼び方なんだとびっくりする。真鍋さんじゃないんだ・・・。

トラブルがあるとサッポロ生が進呈されるシステムになってしまい、シンちゃんが自らシンバルを外したり、
そういうユーモアなとこも、ああ、ピロウズだって思った。根っこは変わってない。

最後、♪ファニバニのコーラスで、Peeちゃんとホントに目があって、向こうが「あっ」って、顔したんだって!!
それは信じたいなぁ・・・。

そんなわけで、さわおはあんまり見てない(笑)だけれど、独白というか、こんなにおしゃべりだった?
しかも好感度、好感度って、お客さんにフレンドリーな時期なんだね。
直接、しゃべらないとわかんない客が増えてるの?疲れを回復させているの?(真心方式か?)
昔から、語るキャラだったけど、説明パートが多くて少し違和感を感じた。
でも、今の髪形が好きよ。

シンちゃんもいつも通りで銀髪が似合ってて、ステキだな~。
ドンドコしてるとこ、すごい好き。

新旧のバランスの良いセットリストでした。
今回も若いお客さん多めで、ペニーレーンで売り切れてなかったから480ぐらいかな。
20年見ているなかでは、一番客層が変化したバンドですね。
真心は案外と固定客なんだよな~。いつもの顔ぶれがある。
でも、ピロウズはペニーレーンがホームでいいよ。地元なのに、売れてないバンドでいいよ。
ここが落ち着くよ。私たちが帰る場所だよ。

充電できた気持ちの良いライブでした。




Please Mr.Lostman

Please Mr.Lostman

  • アーティスト: 山中さわお
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 1997/01/22
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0